座席にチャイルドシートを固定できない

チャイルドシートを固定できない構造の座席は、少なからず存在します。無理に取り付けようとして壊してしまってはいけませんので、使用義務が免除される場合を学習しましょう。同乗者が座る席には、シートベルトとそれを止める道具類が備わっています。

そこにチャイルドシートを固定するわけですが、このとき狭い構造をしていたり、たとえ広いスペースが存在するとして、必ずしも固定ができるわけではないというわけです。車には大衆車やスポーツカーといった分け方がされているように、チャイルドシートを固定する場合にも、それができるものとできないものが存在します。使用義務が免除される場合とは、第三者が見てもチャイルドシートを固定できないようなときです。それを認めるための基準も用意されてはいるものの、調査官の判断に委ねられることがあります。したがって、取り付けが難しいと言っても、必ず使用義務が免除されるわけではありません。むしろ、いかにチャイルドシートを確実に固定できるかに思考を巡らせたほうが効果的です。我が子の命を預かるものなので、いい加減な対応よりもどうにかしてチャイルドシートを設置した方が保護者も安心できるようになります。