疾病等が理由

車の運転に際しては、いろんな義務が課せられています。
たとえば、6歳未満の子を同乗させるときには、チャイルドシートの使用義務があります。
仮に、レンタカーを借りた場合でも、チャイルドシートを使わなければなりません。
ちなみに法律上の用語では、チャイルドシートのことを幼児補助装置と称しています。

子供の発育状況に応じた形のシートを用意することが、法律で決められています。
ただし、チャイルドシートに関しては、使用義務が免除されるケースもあるのです。
免除される事例は、特定の乗車人数において座席が確保できない場合であったり、あるいは疾病や怪我などによって、応急の救護ための緊急性がある場合が該当するのです。
基本的には常に使用をするということが基本です。
もし事故に遭遇した場合は、追突のときの際の衝撃というのは極めて大きくて、親が手で支えられるのが難しい状態となりますので、適切なシート使用が求められるのです。
使用義務免除になる理由はさまざまですが、あくまでも法律で認められた事例のみですので、しっかりとその内容を把握しておくことが必要です。
自分の判断だけで、これは使わなくても良い、と勝手に考えて使わない、というのは許されません。