緊急を要する救護により医療機関や官公署へ搬送する場合 

原則、6歳未満の幼児にはチャイルドシートの使用義務が、それ以外のものには、シートベルトの装着義務が道路交通法で定められています。
原則ですから例外が存在します。

そもそも、チャイルドシートやシートベルトの装着の目的は、衝突時の安全確保だけではなく、幼児が車内で暴れるなどして運転の妨げになるのを防ぐためです。
チャイルドシートやシートベルトをすることで、かえって安全が確保出来ない場合など止むを得ない場合は装着義務が免除されます。
チャイルドシートの装着義務が免除される止むを得ない場合とは、幼稚園等の送迎バスで、バス会社に委託して貸切バスで送迎している場合・座席が幼児専用になっている場合・運転者以外の者で、安全な路肩がなく乗車中に授乳・おむつ交換をする必要がある場合・応急救護で病院に向かう場合・迷子を警察に連れて行くなど緊急に救護や保護のために、医療機関、官公署その他の場所へ緊急に搬送する必要がある場合などがあります。
シートベルトの装着義務も道路交通法で定められていますが、疾病で療養上適当でない者が自動車を運転するとき・緊急自動車を運転するとき・その他政令で定められた止むを得ない理由があるときは、シートベルトの使用義務が免除されています。
また、シートベルトの義務は運転者以外の乗員にも科せられていて、助手席や後部座席もシートベルトの使用義務があり、守られないと違反点1点が運転手に科せられます。