チャイルドシートを座席につけると乗車不可能になる

自動車はそれぞれ、シートの数などに応じて乗車人数が決められています。例えば普通乗用車は5人乗りが多いです。

軽自動車は車体がコンパクトなため、最大4人と決められています。ミニバンでは7人や8人乗りのものもあり、3列目までシートがあります。

さて、それでは例えば軽自動車に5人が乗ったらどうなるのでしょうか。答えは、違反になります。定員オーバーですので車重がオーバーして、カーブで曲がる際などに危険だからです。そのため、乗員人数は必ず守りましょう。

それでは子供を乗せる際にはどうなるでしょうか。12歳未満の子供は、3人で大人2人と数えます。そのため、例えば軽自動車の場合、大人2人と子供3人であれば乗ることができます。

ところでチャイルドシートが法律によって義務化されてから時間が経ちました。チャイルドシートは子供さんが事故時に放り出されてダメージを負ってしまうのを防ぐためのとても大切なものです。しっかり使いましょう。

具体的には6歳未満のお子様が乗る際には、チャイルドシートを付ける義務があります。ただ、例えば5人乗りの車で大人4人とお子様1人が乗る場合、席の都合でチャイルドシートは付けられません。こうした場合には、チャイルドシートの着用義務が免除されます。