チャイルドシートの対象範囲

車に乗る時は、前の座席でも後ろの座席でもシートベルトを着用しなければなりませんね。大人ならシートベルトが機能しますが、小さい子供の場合はベルトの方が大きくて使用することができません。そこで子供用としてチャイルドシートというものがあり、子供が乗る場合はチャイルドシートを利用することになります。

チャイルドシートの対象となる年齢は6歳未満となっています。つまり、0歳の赤ちゃんでもチャイルドシートを利用しなければならないのです。ただ、0歳児の場合はベビーシートといって赤ちゃん専用のシートもあるので、利用しやすい方を選ぶといいでしょう。
小さい子供の体にぴったり合ったシートを付けておけば、いざという時でも危険性を低くすることができます。しっかり固定しておけば大きな事故に至った時でも窓の外に放り出されることも考えにくいですし、座席に衝突することもないでしょう。
チャイルドシートの利用に関しては法律で決められており、違反した場合は点数が減点されるようになっています。
子供の成長に合わせてシートの形を変えていってもいいですね。赤ちゃんのうちはベビーシートが最適ですし、1歳から4,5歳まではチャイルドシート、大きくなったらジュニアシートと変えていきましょう。