未分類

チャイルドシートを固定できない構造の座席は、少なからず存在します。無理に取り付けようとして壊してしまってはいけませんので、使用義務が免除される場合を学習しましょう。同乗者が座る席には、シートベルトとそれを止める道具類が備わっています。

そこにチャイルドシートを固定するわけですが、このとき狭い構造をしていたり、たとえ広いスペースが存在するとして、必ずしも固定ができるわけではないというわけです。車には大衆車やスポーツカーといった分け方がされているように、チャイルドシートを固定する場合にも、それができるものとできないものが存在します。使用義務が免除される場合とは、第三者が見てもチャイルドシートを固定できないようなときです。それを認めるための基準も用意されてはいるものの、調査官の判断に委ねられることがあります。したがって、取り付けが難しいと言っても、必ず使用義務が免除されるわけではありません。むしろ、いかにチャイルドシートを確実に固定できるかに思考を巡らせたほうが効果的です。我が子の命を預かるものなので、いい加減な対応よりもどうにかしてチャイルドシートを設置した方が保護者も安心できるようになります。

原則、6歳未満の幼児にはチャイルドシートの使用義務が、それ以外のものには、シートベルトの装着義務が道路交通法で定められています。
原則ですから例外が存在します。

そもそも、チャイルドシートやシートベルトの装着の目的は、衝突時の安全確保だけではなく、幼児が車内で暴れるなどして運転の妨げになるのを防ぐためです。
チャイルドシートやシートベルトをすることで、かえって安全が確保出来ない場合など止むを得ない場合は装着義務が免除されます。
チャイルドシートの装着義務が免除される止むを得ない場合とは、幼稚園等の送迎バスで、バス会社に委託して貸切バスで送迎している場合・座席が幼児専用になっている場合・運転者以外の者で、安全な路肩がなく乗車中に授乳・おむつ交換をする必要がある場合・応急救護で病院に向かう場合・迷子を警察に連れて行くなど緊急に救護や保護のために、医療機関、官公署その他の場所へ緊急に搬送する必要がある場合などがあります。
シートベルトの装着義務も道路交通法で定められていますが、疾病で療養上適当でない者が自動車を運転するとき・緊急自動車を運転するとき・その他政令で定められた止むを得ない理由があるときは、シートベルトの使用義務が免除されています。
また、シートベルトの義務は運転者以外の乗員にも科せられていて、助手席や後部座席もシートベルトの使用義務があり、守られないと違反点1点が運転手に科せられます。

赤ちゃんは食事をとったりトイレをするタイミングが短く、1時間に1回くらいのペースで授乳やおむつ替えが必要になります。時間的な間隔は赤ちゃんが成長するにつれ延びていきますが、そのタイミングは赤ちゃん自身にもコントロールできることができないので、走行中、ショッピングセンターなどに立ち寄れないときにこうしたお世話が必要になる事はあり得ることです。

チャイルドシートは常に使用しなければならず、使用していない場合には免許の取り消しなどの行政処分の基礎点数が1点加算されてしまいますが、急なお世話が必要になったときには、チャイルドシートを使用する義務は一時的に免除されます。必要不可欠な事態に対処するために免除されているだけなので、お世話が終わったらまた、チャイルドシートに赤ちゃんを寝かせることが義務付けられます。もちろんこれは不測の事態への対応という考え方なので、一般道を走っている場合には、近くのショッピングセンターや商業施設など、車を停められる場所に行き、車が止まった状態でお世話をするのが望ましいとされています。最近では高速道路のサービスエリアにも赤ちゃんのお世話ができるスペースが確保されているところもありますので、できるだけこのような休憩スポットの利用を心がけましょう。

自動車はそれぞれ、シートの数などに応じて乗車人数が決められています。例えば普通乗用車は5人乗りが多いです。

軽自動車は車体がコンパクトなため、最大4人と決められています。ミニバンでは7人や8人乗りのものもあり、3列目までシートがあります。

さて、それでは例えば軽自動車に5人が乗ったらどうなるのでしょうか。答えは、違反になります。定員オーバーですので車重がオーバーして、カーブで曲がる際などに危険だからです。そのため、乗員人数は必ず守りましょう。

それでは子供を乗せる際にはどうなるでしょうか。12歳未満の子供は、3人で大人2人と数えます。そのため、例えば軽自動車の場合、大人2人と子供3人であれば乗ることができます。

ところでチャイルドシートが法律によって義務化されてから時間が経ちました。チャイルドシートは子供さんが事故時に放り出されてダメージを負ってしまうのを防ぐためのとても大切なものです。しっかり使いましょう。

具体的には6歳未満のお子様が乗る際には、チャイルドシートを付ける義務があります。ただ、例えば5人乗りの車で大人4人とお子様1人が乗る場合、席の都合でチャイルドシートは付けられません。こうした場合には、チャイルドシートの着用義務が免除されます。

車の運転に際しては、いろんな義務が課せられています。
たとえば、6歳未満の子を同乗させるときには、チャイルドシートの使用義務があります。
仮に、レンタカーを借りた場合でも、チャイルドシートを使わなければなりません。
ちなみに法律上の用語では、チャイルドシートのことを幼児補助装置と称しています。

子供の発育状況に応じた形のシートを用意することが、法律で決められています。
ただし、チャイルドシートに関しては、使用義務が免除されるケースもあるのです。
免除される事例は、特定の乗車人数において座席が確保できない場合であったり、あるいは疾病や怪我などによって、応急の救護ための緊急性がある場合が該当するのです。
基本的には常に使用をするということが基本です。
もし事故に遭遇した場合は、追突のときの際の衝撃というのは極めて大きくて、親が手で支えられるのが難しい状態となりますので、適切なシート使用が求められるのです。
使用義務免除になる理由はさまざまですが、あくまでも法律で認められた事例のみですので、しっかりとその内容を把握しておくことが必要です。
自分の判断だけで、これは使わなくても良い、と勝手に考えて使わない、というのは許されません。

子供を車に乗せる時はチャイルドシートを使用しなければいけません。ただ、使用義務が免除される場合は、色々とあります。幼稚園の送迎バスなどで幼児専用車の場合や、シートベルトが座席に装備されていない車である場合です。

また、乗車する幼児すべてにチャイルドシートを固定して用いることが出来ない場合、タクシーや貸し切りバス、乗り合いバスなども同様です。タクシーや貸し切りバス、乗り合いバスなどは、何人の幼児を運ぶのか、直前までわからないので、チャイルドシートを用意することが出来ないためです。応急の救護のためなどに医療機関や、官公庁などへ運ぶ必要がある幼児を乗せる時などは、使用しなくてもよいとされています。これは救急車だけでなく、深夜に自家用車を使って幼児を病院へ運ぶ必要がある時や、迷子を交番に連れていく時なども適用されます。ケガをしていたり、病気や障害があったりした場合、チャイルドシートを使用することが療養上適していないと医師の診断があった時は、使用しなくてもよいです。他には、授乳をしたり、おむつを交換する時は、チャイルドシートを使用しなくてもよいですが、世話が終わったら、再び使用しなければならないので注意するようにしましょう。

子供用のカーシートは色々な種類があり、呼び方も様々なので困惑することがあるでしょう。
大きく分けると3つの種類にわかれますので、それぞれの特徴をみてみましょう。
まずは、生まれてすぐから1歳頃まで使用する「新生児・乳児用ベビーシート」といわれるものです。
これは車の進行方向に対して後ろ向きに取り付けられるのが特徴で、製品によっては取り外してそのままベビーラックとして持ち運ぶことが出来る物もありますので、いちいち起こして乗せ換える必要がなく、とても便利といえるでしょう。

次に、大体1~4歳で使用する「幼児用チャイルドシート」といわれるものです。
これは車の進行方向前向きに取り付けするので、視界が広がり、色んな物に興味を示すこの頃の子供には丁度いいでしょう。
子供の体は5点式ハーネスでしっかりとホールドするものが一般的で、身長に合わせてベルトの位置を変えることが可能ですので、長く使えるでしょう。
次に、大体3~4歳以降で使用する「学童用ジュニアシート」といわれるものです。
これは、前の2つのシートと違い、車のシートベルトを子供に使用するシートとなっています。
大人用につくられているシートベルトを、子供の体格に合わせるために、座面を高くして、腰ベルトがきちんと骨盤にかかるようにして、肩ベルトが首にかからないようにベルトガイドで位置を調整することが出来ます。
腰下だけの簡易的なものや、背もたれも付いていて上半身もサポートしてくれるものがあります。
年齢と体格に合ったシートを選んで子供の安全をしっかりと確保してあげましょう。

車を利用されるご家庭では、赤ちゃんが生まれてすぐにチャイルドシートを車内にセットしなければいけないのは常識ですが、何歳までが着用義務かは、あまり意識していないご家庭が多いのが現状です。
「体が大きくなったから、もう必要ない。

大人と同じ普通のシートベルトでOK」と思いがちですが、チャイルドシートの着用義務は6歳未満と定められています。そのため、体の大きさには関係ありません。また、生まれたばかりの時から使用している赤ちゃん用のチャイルドシートは4歳までとなっているタイプも多く、その後の成長に合わせたチャイルドシートの買い替えが面倒になり、そのままシートベルトに移ってしまうケースも少なくありません。
しかし、大人と同じシートベルトですと、幼児の小さな体では首に当たってしまい、いざという時には首が絞まってしまう恐れがあり、大変危険です。そのため、この年齢が決まっているのです。また幼児の体は思ったよりも軽く、事故の衝撃時にはボールのように吹っ飛んでしまいます。ですから、子供の成長に合わせてチャイルドシートを買い換える必要があります。
子供の安全のためですから、着用義務を守り、子供を守るため、万が一の場合に備えておきましょう。

車に乗る時は、前の座席でも後ろの座席でもシートベルトを着用しなければなりませんね。大人ならシートベルトが機能しますが、小さい子供の場合はベルトの方が大きくて使用することができません。そこで子供用としてチャイルドシートというものがあり、子供が乗る場合はチャイルドシートを利用することになります。

チャイルドシートの対象となる年齢は6歳未満となっています。つまり、0歳の赤ちゃんでもチャイルドシートを利用しなければならないのです。ただ、0歳児の場合はベビーシートといって赤ちゃん専用のシートもあるので、利用しやすい方を選ぶといいでしょう。
小さい子供の体にぴったり合ったシートを付けておけば、いざという時でも危険性を低くすることができます。しっかり固定しておけば大きな事故に至った時でも窓の外に放り出されることも考えにくいですし、座席に衝突することもないでしょう。
チャイルドシートの利用に関しては法律で決められており、違反した場合は点数が減点されるようになっています。
子供の成長に合わせてシートの形を変えていってもいいですね。赤ちゃんのうちはベビーシートが最適ですし、1歳から4,5歳まではチャイルドシート、大きくなったらジュニアシートと変えていきましょう。